BUWUブランド紹介

buwuブランド紹介
――ブランド名の由来を教えてください。どうやって【布・物設計(BU・WU DESIGN)】というブランド名を付けたのですか?

布・物の「布(BU)」はテキスタイル、布・織物。「物(WU)」はオブジェクト=モノ。 「BU・WU DESIGN」とはテキスタイルとオブジェクトを結びつけたデザインをという意味です。


布・物設計ブランド紹介


――【布・物設計】の誕生時期について教えてください。

ブランドの立ち上げは2012年末のことです。正式な「BUWUクリエイティブデザイン会社」の設立は2013年。限定生産したデザイン生地を用いて生活の中で使用する「モノ」として形作っていくことをテーマとし、「カラフル」、「実用的」、「オリジナル」をブランドの製品デザインのコアコンセプトにしています。


BUWU


――ブランドの特色を教えてください。どうして幾何学模様をメインテーマとしているのでしょうか。

生地は布を用いた製品の魂ともいうべき存在です。シーズンごとに私たちBU・WUのデザイナーはユニークな感性で生地をデザインしています。この「デザイン」こそが私たちの製品の最大の特色です。それを服飾、バッグ、食器、インテリアなど日々の生活の中で使われるモノに落とし込んでいきます。 テキスタイル(布)の特性は人々の生活に寄り添うことであり、「手に触れることができる」生活の中で使われていくことで、その素晴らしい日常の一端を記録していきます。たくさんの人々が日常生活の中で、BU・WUのデザインした品々のぬくもりやその歩みを感じてもらえたらうれしいです。


BUWUブランド紹介


布・物設計のデザインは大きく分けてふたつ。一つはコアデザイン、もう一つはテーマデザインです。

(1)コアデザイン:円形、正方形、三角形などベーシックな形状をベースにしたデザイン。このコアデザインは、どんなに時間が流れても常に私たちに最初の情熱を忘れてはいけないと教えてくれます。そして同時にこのデザインはBU・WUデザインの精神的なシンボルでもあります。

(2)テーマデザイン:幾何学模様をベースとしたデザインの他に、たとえば2013年の秋冬の「マーホァ」シリーズや2015年春夏の「ストーンプリント―日常生活の断面」シリーズなど、ベーシックとは異なる主題もしくはスペシャルなアイデアやエモーションを表現し伝えるための生地デザインも行っています。



BUWU


――【BU・WUデザイン】のブランドを立ち上げるにあたり、嬉しかったことや苦しかったことなどありましたら教えてください。

一番うれしいのはお客さまにBU・WUの商品を気に入っていただけること、そしてファンとしてリピーターになって下さるお客様がいることです。これはブランドやデザイナーである私たちにとって「認められた」ということで一番の喜びです。


――【BU・WUデザイン】は迪化街に位置していますが、迪化街のおススメグルメやおススメのスポットなどについて教えてください。

是非【BU・WUデザイン】にいらしてください!!クラシカルで時代を感じさせる建物が好きなので、BU・WUデザインは大稲埕(注:地名)にお店を構えることにしました。 私たちのお店は小さな小路を入ったところにある「眾藝埕(ジョン・イー・チェン)」の3階に位置しています。建物には吹き抜けがあって、道向いの前後の建物とつながる構造となっています。頭を上げると空を仰ぐことも出来るんです。階段を上がりきったところにあるのがBU・WUデザインで、ちょっぴり隠れ家的なところにあるのが、お客さまに宝探しのような感覚を味わっていただけているようです。


BU・WUデザイン


日本のお客様にメッセージをお願いします。

BU・WUデザインの商品には「同じ布地を使っていても、裁断部分が異なることで違った雰囲気、組み合わせが生まれる」という特性があります。そこから生まれるのが、各商品一つ一つの個性と価値です。また、私たちの使用している布地はエコ認定を受けている染料を使用していて、肌に刺激が少なく、環境にも優しい商品です。日本の皆さんも是非BU・WUデザインの中で自分に合うステキな商品を見つけてくださいね!



BU・WUデザイン


 
BU・WUデザイン